市販の塩の成分が実はかなりヤバかった件

市販の塩

実は、普段何気なく使っている塩が、かなりヤバい成分が使われていたってご存知でしょうか。
今回は、そんな『普通の塩』の成分についてのお話です。

結論から言えば、市販の塩は、摂ると健康になるどころか、健康を損ない病気にするリスクすらあるので気をつけましょう。
もし、身体に良い塩を取りたいのであれば、精製された塩ではなく、岩塩や海水塩を使いましょう。

ぼくのおすすめは、ヒマラヤのクリスタル岩塩で、我が家ではこのお塩を調理やファスティングのときに使っています♪
クリスタル岩塩を摂り始めてから、体調を崩しがちだったぼくの健康もみるみる回復して気がします。
胃腸が弱かったのですが、下痢になりにくくなりました。

↓ヒマラヤのクリスタル岩塩の詳細はこちら↓

精製塩と天然の塩、あなたはどちらを使ってる?

塩と匙

実は、塩には本物の塩偽物の塩があります。

現在、市販の塩というのは、精製塩と呼ばれる塩となります。
これが、いわゆる偽物の塩と呼ばれる塩です。

精製塩は、ほぼすべてが塩化ナトリウムで構成されており、天然の塩に含まれているはずのいろいろなミネラルがない状態です。
精製塩は、人の血圧を狂わせる元凶となります。

精製塩は、人間にとっての必須ミネラルがほとんど含まれていません。
カリウムやマグネシウムやカルシウムが入ってないので、これを摂取すると体内のミネラルバランスが大きく崩れてしまいます。

一方、本物の塩、まさに、ザ・塩とでもいうべき塩が、天然の塩です。
天然の塩は、人体に必要なミネラルが含まれているため、体に有益であり、血圧も一定に保つ機能があります。

もちろん、いくら天然の塩が、人体に必要な必須ミネラルが含まれているといっても、それを摂りすぎたら、やっぱり、体には悪いです。
なので、重要なのは、バランスよく塩を摂取するということなのですが、市販で見られる精製塩については、なるべく避けた方が良いのは言うまでもありません。

塩を使うなら岩塩か海水塩を選ぶべし!

もし、あなたが塩を摂るのであれば、それが海水塩か岩塩を使うのがおすすめです。

これらの塩と精製された塩とでは、生産方法が異なるだけでなく、生命や人体の健康という観点からみても全然違います。
精製された塩も、もともとの原材料は海水塩か岩塩です。しかし、精製されることで、本来含まれていたはずの元素や微量元素がカットされてしまいます。
精製という余計な工程が入ることで、本来、人体に有益だったはずの塩が、身体に役に立たないものに変わるどころか害をもたらすのです。

なので、くれぐれも、繰り返しますが、海水塩か岩塩を使うようにしてください。

現代では、塩は以下の三つの方法でつくられます。

【塩の作り方】

1、海水を乾燥させる海水塩→〇
2.世界の一部の地域で掘削される岩塩あるいはクリスタル岩塩→〇
3、産業的に海水塩や岩塩を精製してつくられる純塩化ナトリウム(食卓塩)→×

三通りある塩の作り方のなかで、1、2のような方法でつくられた塩こそ、積極的に摂るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫

当サイトの管理人。俗に言えば、夫。 妻と娘がいて、家のなかじゃ立場が一番低い。 食べ物に謎のアレルギーをもっていて、よくお腹をくだす。 将来は、脱サラして、農業をしながらインターネットのお仕事をすることが夢。