えごま油は本当に健康に効果・効能があるの?実際に色々飲んでみた

最近、えごま油が健康にいいとテレビやネットで注目されています。
えごま油には、オメガ3のα-リノレン酸が多く含まれており、これは人にとって必須の栄養素なんです。
えごま油の効果・効能は以下の通り。

【えごま油の効果】

⬛美容
⬛アンチエイジング
⬛ダイエット
⬛ガンや認知症、糖尿病など病気の予防法

かなりざっくりですが、えごま油を飲むのは健康に良いとされています。(ただし、酸化しやすい油なので、加熱調理するものには使用せず、生の状態で飲んだり、ドレッシングに使うのが望ましいです)

でも、そんな風に注目されているえごま油ですが、本当に健康に効くのかな、効果あるのかな??と疑問に思ったので、本当に効果があるえごま油がどれなのか、いろいろ試してみることにしました。

使ってみたえごま油一覧

カホク えごま油(100g)

まずは、良い油を売っているといえば、ここ。
鹿北製油のえごま油から。
実は、既に市販のえごま油を試していて、このカホク えごま油の方が、味が濃い気がします。

このえごま油は、外国産のえごま油ですが、これでも、十分効果があると思いました。

そもそもえごま油って何なの?

えごま油は健康にいい、美容にもいいと言われまくっていますが、そもそも、えごま油って何なのでしょうか。

エゴマはシソ科の一年草です。
シソとは同種の変種で、東南アジアが原産とされています。
日本では、地方名でジュウネンと呼ぶ地域もあり、その名前の理由は、食べるとさらに十年長生きできるからだとか(笑)

えごま油は昔から使われていた

えごま油は、種子から絞った油です。
食用だけでなく、乾性油であることから、防水性がある塗料として、油紙や番傘などにも使われています。

じつは、中世末期に菜種油が普及するまでは、日本の植物油と言えばエゴマ油がメジャーでした。

灯火にもえごま油が使われ(今の基準では、なんと勿体ない!!)、その需要は非常に多かったようです。

なので、安定的に供給し続けるために、油座という組織も作られました。

しかしながら、菜種油が普及するにつれ、次第にえごま油の需要は少なくなっていき、その知名度も低くなっていきました。

そして、1990年代後半以降には、エゴマ油が人体に不可欠な必須脂肪酸α-リノレン酸を多く含んでいるということで、再び、注目を浴びることになる、と……。

えごま油という油をぼくは聞いたことがなかったので、きっと、外国で飲まれている油なのだろうと思ってましたが、じつは、日本でも馴染みのものだったのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫

当サイトの管理人。俗に言えば、夫。 妻と娘がいて、家のなかじゃ立場が一番低い。 食べ物に謎のアレルギーをもっていて、よくお腹をくだす。 将来は、脱サラして、農業をしながらインターネットのお仕事をすることが夢。