畳ダイニングのメリットとデメリット

畳ダイニングってお洒落ですよね。
先日、住宅展示場で桧家さんの住宅を見て思いました。

やっぱり、モダンな室内が好きだけど、そこに懐かしい畳の要素が加わるとお洒落で落ち着きます。

そんなときは、やっぱり、畳ダイニング。
懐かしくてお洒落な畳ダイニングのメリットとデメリットをまとめてみました。

畳ダイニングのメリット

畳ダイニングのメリットは、以下のようなものがあります。
・モダンでありつつ洗練されている
・のんびりと家族で団らんが楽しめる
・椅子に座っているのと同じなので腰を痛めている人にも優しい

畳ダイニングのデメリット

畳ダイニングのデメリットは、以下のようなものがありしてます。
・段差があるのでお年寄りには負担となる可能性も
・テーブルの下の掃除が普通の畳の部屋より大変

畳ダイニングは、メリットの方が大きいとは思いますが、家を建てるときは、自分にとって何が大切かはっきりさせておくと、後悔のない設計ができるでしょう。

畳ダイニングのスタイル(形態)

ハウスメーカーの桧家さんを参考にして考えてみると、畳ダイニングには掘りごたつスタイルとテーブルスタイルの2つの形態があります。

・掘りごたつスタイル
掘りごたつスタイルは、懐かしい雰囲気や居酒屋風のゆったり過ごしやすい雰囲気が素敵です。

・テーブルスタイル
テーブルスタイルだと、若干、洋の比重が高くなるので、若い人向けかもしれませんね。
食事をしながら、会話が弾む楽しそうな雰囲気が空間にもたらされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫

当サイトの管理人。俗に言えば、夫。 妻と娘がいて、家のなかじゃ立場が一番低い。 食べ物に謎のアレルギーをもっていて、よくお腹をくだす。 将来は、脱サラして、農業をしながらインターネットのお仕事をすることが夢。